歌に教わる英文法

洋楽を通して英文法を理解しましょう

14-1.Stand by me.(ベン・E・キング)part1

When the night has come and land is dark

夜の帳が下りて暗くなっても

And the moon is the only light we’ll see

月明かりが照らすだけになっても

No, I won’t be afraid, oh I won’t be afraid

怖くはないよ、うん、(全然)怖くはないんだ

Just as long as you stand, stand by me

君がいてくれたら、僕の傍にいてくれたら

So darling, darling, stand by me, oh stand by me

だからねえ、ねえ、傍にいておくれよ、傍にいて

Oh, stand, stand by me stand by me

If the sky that we look upon should tumble and fall

もしも、見上げる空が落ちてきたとしても

Or the mountain should crumble to the sea

山が海に崩れて海に流れ落ちてきたとしても

I won’t cry, I won’t cry, no, I won’t shed a tear

泣かないよ、泣くもんか。涙なんか流さない

Just as long as you stand, stand by me

君がいてくれたら、僕の傍にいてくれたら

And darling, darling, stand by me, oh stand by me

Oh, stand now, stand by me stand by me

darling, darling, stand by me, oh stand by me

Oh, stand now, stand by me stand by me

Whenever you’re in trouble won’t you stand by me, oh stand by me

いつでも、辛いときでも君がいてくれるなら、君がそばにいてくれたら

【dictions】

Part2 に記載します。

 

シンプルで理解しやすい歌詞ですが、「will」に含まれる意図を理解する教材にうってつけと考えて取り上げてみました。[ won’t ](will not) には強い否定の意志が感じられます。

日本語でも節々に話し手の意図が織り込まれるように、英文でも話し手の意図を理解するためには助動詞の使われ方を理解することができると歌詞の意図をより深く理解することができると考えます。Part2では助動詞の和訳について詳しく論じてみたいと思います。

 

13-2.You are the sunshine of my life.スティービー・ワンダー_part2(文法編)

You are the sunshine of my life

That’s why I’ll always be around

You are the apple of my eye

Forever you’ll stay in my heart

I feel like this is the beginning

Though I’ve loved you for a million years

And if I thought our love was ending

でももし僕らの愛が終わる日が来たら

I’d find myself drowning in my own tears

You are the sunshine of my life

That’s why I’ll always stay around

You are the apple of my eye

Forever you’ll stay in this heart

You must have known that I was lonely

Because you came to my rescue

And I know that this must be heaven

How could so much love be inside of you?

You are the sunshine of my life

That’s why I’ll always stay around

You are the apple of my eye

Forever you’ll stay in this heart

【dictions】言い回し

That’s why:(why 以下を指して)~だからだ

be around:(近くに)居る、ある

the apple of my eye:とっても大事にしているものの例えを表現しています。

stay:   自動詞(ある1点または1ヶ所に)留まる、滞在する

    他動詞(手続きを)延期または猶予する、~をくい止める

(類義語)remain 自動詞 残存する、存続する

     『注意』他動詞ではなく、目的語を置くことができません。

I’ve loved you for a million years

  :現在完了形(継続)100万年と誇張しています。

要するに「ずっと愛し続けてきた」と言っています。

I’d find:I would find の短縮形

実際には起こる可能性は低い場合をした仮定の話です。

must have known:きっと知っていたんだ

  must 以下が現在完了形です

  must に状態動詞が続いた場合は~に違いないと和訳されます

  must に動作動詞が続いた場合は~しなければならないと和訳されます。

could:「かも知れない」可能性のcould。

 [可能性を示す助動詞]右にゆくほど高い可能性を示します。

      could<might<may<can<should<ought to<would<will<must

could:映画や会話では非常に多く使われます。

      couldには大きく分けて4つの意味があります。

  • 仮定法
  • 強い感情を示す
  • 可能性を示す

(過去に恒常的に達成した場合のみ「できた」と和訳が可能、一度だけの達成でcould は不可)

例:my son could write ”hiragana#” when he was five.

(息子は5歳のときには(いつも)「ひらがな」を書くことができた

 At last I could climb Mt. FUJI.

 (「やっと」登頂できたのでcould は使うことはできません)

  • 丁寧な依頼または申し出

 

 

英文法一つだけ学びましょう(ワンポイントgrammer) 

「around」の意味と副詞の修飾

楽曲の中では「be」「stay」と共に登場します。「around」は副詞と前置詞の」側面を持ちますが、楽曲の中では副詞として用いられています。副詞は用言(活用できる品詞、動詞または形容詞)を修飾しますが、歌詞の中では「will be around」を「一緒にいる」「stay around」を「すぐ横にいる」と微妙に変えました。「around」には「近くに」の含みがあります。従って、「keep」「have」と共に「近くに置いておく」といった和訳も成り立ちます。一方、「get」と結びつくと前向きな意味合いから離れる可能性があります。副詞は置かれる位置が重要です。一般的には「be動詞」の後、助動詞の後で動詞の前です。ただ、文脈によっては文の始めや文尾に配置した方が誤解や誤訳から逃れやすい場合があります。さらに修飾の都合で一例を示しますが、「I just don’t like him.」(彼を好きではないだけだ・・・つまり彼を嫌い)「I don’t just like him.(彼をただ好きなわけではない・・・つまり彼を大好き)つまり、正反対の意味になりますので、副詞の位置と修飾については注意が必要です。

 

13-1.You are the sunshine of my life.スティービー・ワンダー_part1

You are the sunshine of my life

君は僕の太陽さ

That’s why I’ll always be around

だからいつも一緒にいるよ

You are the apple of my eye

(直訳)君は僕の目のリンゴだよ(目に入れても痛くないほど愛おしい)

(意訳)君がかけがえのない宝物なんだ。

Forever you’ll stay in my heart

僕の心にはこれからも君はいてくれるはずさ。

I feel like this is the beginning

これが始まりだと感じるんだ。

Though I’ve loved you for a million years

僕は100万年の間君を愛してきたのだけれども

And if I thought our love was ending

でももし僕らの愛が終わる日が来たら

I’d find myself drowning in my own tears

(直訳)僕は僕自身の涙に溺れる僕自身を見つけるかもしれない。

(意訳)僕は僕自身の涙の中で溺れてしまうかも知れないよ。

You are the sunshine of my life

君は僕の太陽さ

That’s why I’ll always stay around

だからいつもすぐ横にいるよ

You are the apple of my eye

君がかけがえのない宝物なんだ。

(直訳)(目に入れても痛くないほど愛おしい)

Forever you’ll stay in this heart

僕の心にはいつも君がいるよ

You must have known that I was lonely

君はきっと僕が孤独だと知っていたんだ。

Because you came to my rescue

だって君が僕を救いに来てくれたからさ

And I know that this must be heaven

そして僕はこれが天国に違いないと知っているんだ。

How could so much love be inside of you?

君の中には一体どれほど詰まっているのかな。

You are the sunshine of my life

That’s why I’ll always stay around

You are the apple of my eye

Forever you’ll stay in this heart

 

【dictions】言い回し

Part2に掲載します。

 

以前に「心の愛」を紹介しましたが、スティービー・ワンダーでは歌詞が聴き取り易い楽曲の一つです。歌詞を和訳してみて気づいたことは、「 I 」と「 you 」の扱い方です。日本語には主語が無い、と言う人がいます。日本語の会話で「私は」「あなたは」と発言するのは、自身の主張を強調したり、口論なった場合に限定されると思いますが英語の場合には主語は必須です。日本人の英語では主語の選択の問題で、例えば「ここはどこですか?」と問いかけるつもりで「Where is here?」と発言するのは誤りです。実際は「Where am I?」が正解で、複数が同行する場合の主語は「We」となります。日本語は二人称を省く場合が少なくありませんが、英語では主語を省くことは原則的には不可能です。英語で丁寧な表現を理解したいと考える場合は、むしろ助動詞の使い方や言い回し、または時制表現を理解することをお勧めします。例えば、新幹線の駅への到着前の案内で使われる未来完了進行形や、映画「ハリーポッター 炎のゴブレット」の中でハリーがチョウをパーティーのパートナーに誘おうとして 「I was wondering if you mind~」と誘おうとする件(くだり)は「もしよかったら」と和訳することができます。英語に敬語が無いという意見を持つ諸兄もおられますが、丁寧な表現も存在します。

12-2.it must have been love(ロクセット)_part2(文法編)

It must been love, but it’s over now

Lay a whisper on my pillow, leave the winter on the ground

I wake up lonely, is there a silence in the bedroom

And all around(all around ), touch me now I close my eyes and dream away

It must have been love, but it’s over now.

It must have been good, but I lost it somehow

It must have been love, but it’s over now.

From the moment we touched till the time had run out

Make believing we’re together. That I’m sheltered by your heart

But in and outside I turn to water like a teardrop in your palm

And it’s a hard winter’s day I dream away

It must have been love, but it’s over now.

 

It was all that I wanted, now I’m living without

It must have been love, but it’s over now.

It’s where the water flows, it’s where the wind blows

It must have been love, but it’s over now.

It must have been good, but I lost it somehow

It must have been love, but it’s over now.

 

From the moment we touched till the time had run out

It must have been love, but it’s over now.

It was all that I wanted, now I’m living without

It must have been love, but it’s over now.

It’s where the water flows, it’s where the wind blows

It must have been love, but it’s over now

 

【dictions】言い回し

must have been ~であったに違いない

over:(副詞): be over = finish

whisper(名詞):囁き

    (自動詞):囁く(in/to)

    (他動詞):SVO to (代名詞)の語順で (人)にOを囁く

 

 

英文法一つだけ学びましょう(ワンポイントgrammer) 

助動詞〈must〉の使い方

助動詞には話し手の気持ちを付与する単語です。ただ、助動詞は和訳に困惑することが多く、

例えば「can」は「~できる」に限らず「~かも知れない」と和訳するべき場合があり、「could」に至っては、「can」の過去形と教わるのに「できた」と和訳されるケースはむしろ稀です。

今回は、「must」の和訳「~しなければならない」と「~に違いない」の判定の基準を取り上げます。

ややこしい説明は省きます。

  1. must に動作動詞が続く場合は「~しなければならない」と和訳します。
  2. must に状態動詞が続く場合は「~に違いない」と和訳します。

最もわかりやすい例は「be」動詞です。 「be」動詞は状態動詞なので「~に違いない」と和訳します。動作動詞と状態動詞は「You raise me up」で取り上げました。

ついでに「have to」との違いも取り上げておきます。

「must」には過去形がないので、「have to」で代用できることは学んだと思いますが、ただ

「must」と「have to」にはニュアンスの違いが存在します。

「must」には規則に沿った禁止の含みがあります。

(例)You must keep the tragic regulation. 交通規則は守らねばならない

「have to」は主観的な義務の含みです。

(例)We have to go to school every morning.  僕たち毎朝登校しなければならない。

ただ、ネイティブによっては、相違を認識していない場合もあるようです。

12‐1.It must have been love(ロクセット)_part1

It must been love, but it’s over now

(それは)愛に違いないけれど今は終わってしまった

Lay a whisper on my pillow, leave the winter on the ground

(直訳)囁きは枕に置きなさい。冬の大地に置き去りなさい。

(意訳)囁きはこの枕に置き去りにしよう (そして)冬を大地に残して去ろう

I wake up lonely, is there a silence in the bedroom

僕は孤独に目覚める 寝室に漂うのは静寂(だけ)

And all around(all around ), touch me now I close my eyes and dream away

そして(静寂が)あたり一面を覆う 今触れて欲しい僕は目を閉じて夢の世界に逃れる

It must have been love, but it’s over now.

(それは)愛だったに違いないけれど今は終わってしまった。

It must have been good, but I lost it somehow

楽しいひと時だった。けれどもいつの間にか失ってしまった。 

It must have been love, but it’s over now.

(それは)愛だったに違いないけれど今は終わってしまった

From the moment we touched till the time had run out

僕達が触れ合った瞬間から時間を使い果たすまで

Make believing we’re together. That I’m sheltered by your heart

(直訳)信じさせて、一緒にいられると。僕は君の心に守られていることを

(意訳)信じようとしたんだ。一緒にいることを。君は僕を包み込んでくれると。

But in and outside I turn to water like a teardrop in your palm

けれど 内面も外見も僕は水へと変わる。君の掌の涙のように 

And it’s a hard winter’s day I dream away

そして辛い冬に僕は夢の世界へと逃れる。

It must have been love, but it’s over now.

It was all that I wanted, now I’m living without

それは僕が求めていたすべてだった。今、僕は生きている全てを無くして

It must have been love, but it’s over now.

It’s where the water flows, it’s where the wind blows

 

It must have been love, but it’s over now.

It must have been good, but I lost it somehow

It must have been love, but it’s over now.

 

From the moment we touched till the time had run out

It must have been love, but it’s over now.

It was all that I wanted, now I’m living without

It must have been love, but it’s over now.

It’s where the water flows, it’s where the wind blows

It must have been love, but it’s over now

 

【dictions】言い回し

Part2に掲載します。

 

 

映画「プリティウーマン」ではこの楽曲を含めたいくつもの名曲を聴くことができます。ロイ・オービソンの「プリティウーマン」をはじめ、ローレン・ウッドの「フォーリン」、シカゴのボーカリストだったピーター・セテラの「ノー・エクスプラネーション」などの美しいバラードなど、ストーリー以外に音楽でも楽しめます。映画の中の楽曲には英語を学ぶ上で多くの学びが盛り込まれています。今後も「スタンド・バイ・ミー」「アン・チェンジド・メロディ」(映画「ゴースト」「愛と青春の旅立ち」「ネバー・エンディングストーリー」などを今後のテーマに考えています。最近は、YouTubeで容易にオリジナルナンバーにアクセスできます。楽曲の後に「lyrics」を入力すると歌詞も確認しながら楽しむことができます。

11-2.I need to be in love(青春の輝き)カーペンターズ_part2(文法編)

The hardest things I’ve ever done is keep believin’

There’s someone in this crazy word for me

The way that people come and go through temporary lives

My chance could come and I might never know

I used to say ‘no promises’ let’s keep it simple

If freedom only helps you say good-bye

It took while for me to learn that nothin’ comes for free

The price I’ve paid is high enough for me

 

I know I need to be in love

I know I’ve wasted too much time

I know I ask perfection of a quite imperfect world

And fool enough to think that’s what I’ll find

 

So here I am with pockets full of good intentions

But none of them will comfort me tonight

I’m wide awake at four A.M. without a friend in sight

Hanging on a hope but I’m alright

 

I know I need to be in love

I know I’ve wasted too much time

I know I ask perfection of a quite imperfect world

And fool enough to think that’s what I’ll find

 

I know I need to be in love

I know I’ve wasted too much time

I know I ask perfection of a quite imperfect world

And fool enough to think that’s what I’ll find

 

【dictions】言い回し

The hardest things I’ve ever done is keep believing

   The hardest things が主語

   I’ve ever done が主語を修飾して

   is が V

keep : 「SVOO」「SVOC」いずれもOK 他動詞:自動詞

believin’:believing (動名詞

people come and go through:人が行き来する

temporary lives:(直訳)一時的な生活 ⇒(意訳)ちょっとした出会いと別れ

could:可能性が低い推量を示す:「かも知れない」

might:可能性が低い推量を示す:「かも知れない」

推量の強さ「could」は可能性が低くmightはcouldより可能性は高まります。

さらに<may<can<should<ought<would<will<must と可能性は高まります。

used to do:(do)したものだ(過去の習慣を表します)

let’s:let us の短縮で let us do(動詞原形)で~の状態に「させてあげる」の意味です。

   Let のほか make/have/get との違いを理解しましょう。

keep (one) simple:直訳は「シンプルなままにキープする」との意味です。

I’ve paid /I’ve wasted:現在完了形の「経験」~してしまったというニュアンスです。

imperfect: 「im・per・fect」と3つの音節に分かれます。

      接頭辞「im」は「p・b・m」で始まる単語の前に「無・非・欠」の

意味になります。「p・b・m」以外の単語以外の場合は、接頭辞「in」です。

intentions:意図、目的、ここでは「思い」と和訳しました。

none of them:直訳は「それらのどれも~ない」とります。

comfort:他動詞で「(人をいたわる)(苦悩を和らげて)楽にする」と和訳できます

    他動詞の使い方は個別に異なるので、例文で理解してください。

 (類語)console:落胆したり悲しむ人を慰めて元気づける

      solace:落胆や悲しみ、孤独・退屈を取り去る

awake:状態動詞

 

 

英文法一つだけ学びましょう(ワンポイントgrammer) 

比較級と最上級と単語の音節

楽興では冒頭の歌詞に最上級の表現が登場します。形容詞は名詞を修飾しますが、程度を表現するために、中学では「比較級」と「最上級」を学びます。比較級はある対象と比較して「~よりも」、最上級は比較対象において「もっとも」と和訳されることは周知の通りです。

比較級と最上級の決まりを示します。

  • 形容詞(原形)の語尾に 比較級は「er」 最上級は「est」 を付与します。
  • 形容詞の語尾が「e」の場合に  比較級は「r」 最上級は「st」 を付与します。
  • 形容詞の語尾が「y」の場合は「y」⇒比較級は「ier」 最上級は「iest」 を付与します。
  • 形容詞の語尾の一つ前に母音が使われる場合「語尾を重ねます。

  (例)big → bigger   hot → hotter  red → redder

  • 形容詞の音節が3つ以上である場合はこの原則が崩れます。

   形容詞の前に比較の場合は 「more」 最上級は「most」を付与します。

  • 不規則な活用 以下に「原級」‐「比較級」‐「最大級」を掲載します。

   bad – worse – worst    much – more – most   little – less - least

   good – better – best    well – better – best    many – more – most   

比較級の説明で「音節」に言及したのでもう少し説明させてください。英単語はいくつかの音節で構成されます。単語の音節は英和辞典でわかります。

音節を理解すると単語の意味を類推できます。

actual (実際の/現実の/本当の)    接尾語「 al 」(形容詞/名詞あることを示す)

capable(有能な/能力のある)     接尾語「 ble 」(能力を示す)

curious(珍しい/変わっている)    接尾語「 ous 」(性質を示す)    

dirty(不正な/不潔な/sleepy(眠い)   接尾語「 y 」(形容詞を示す)

effective(効果的な/効き目のある)   接尾語「 tive 」(名詞/動詞に付与して形容詞化する

beautiful(美しい)          接尾語「 ful 」(「満ちている」意味)

lately(最近/近頃)          接尾語「 ly 」(副詞を示す)

careless(無頓着な/軽率な)      接尾語「 less 」(~ない」意味を示す)

Japanese(日本人の)         接尾語「ese」(国または地域を示す)

 

形容詞の接尾語を取り上げましたが、接頭語にはさらに多くの種類があります。

音節は辞書に記載れていますので、単語を調べるときには音節にも注意を払うと語彙力が向上します。

10-2.yesterday once more カーペンターズ_part2(文法編)

When I was young I’d listen to the radeo

Waitin’ for my favorite songs

When they played I’d sing along

It made me smile

Those were such happy times and not so long ago

How I wondered where they’d gone

But they’re back again just like a long lost friend

All the songs I loved so well

Every sha-la-la-la , every wow-wow still shines

(every sha-la-la-la  every wow-wow

Every shing-a-ling-a-lings-aligns

(every shing-a-ling-a-lings-aligns)

That they’re startin’ to sing so fine

When they get to the part

Where he’s breakin’ her heart

It can really make me cry just like before

It’s yesterday once more

 

Lookin’ back on how it was in years gone by

And the good times that I had

 

Makes today seem rather sad

So much has changed

It was songs of love that I would sing to then

And I’d memorize each word

Those old memories still sound good to me

As they melt the years away

Every sha-la-la-la , every wow-wow still shines

Every shing a ling a ling aling

That they’re startin’ to sing so fine

All my best memories come back clearly to me

Some can even make me cry

Just like before it’s yesterday once more

Every sha-la-la-la , every wow-wow still shines

Every shing a ling a ling a ling

That they’re startin’ to sing so fine

 

【dictions】 言い回し

I’d:I had または I would の省略形 

  would は実現しにくい現実を表します。「よく~したものだ」と訳されます。

      今でも「時折は~する」ニュアンスです。

 ued to :(今はもうしない)ニュアンスがあります。

sing along:(直訳)一緒に歌う ⇒(意訳)口ずさむ

make me smile : 私を笑わせる

not so long ago:それほど昔ではないけれども

How I wondered:確証のないぼんやりしたニュアンスです。

  (直訳)私はどのように思いめぐらしたのか?

 

英文法一つだけ学びましょう(ワンポイントgrammer) 「get to」

英語の読解力の向上のために英文法を避けて通ることは不可能です。私も英文法は嫌いでしたが洋楽を聴くことが好きで、関東在住の頃はFENを聴いたり、ビルボードのランキング番組を聴いて歌詞の和訳に興味が芽生えて文法を勉強するようになりました。このブログは洋楽に興味を持つ方々を考えて作っています。英文法の知識に動詞の理解は必須です。難しい単語より簡単な単語の用法の知識を拡げてゆくことをお勧めします。「take」は以前に紹介しましたが、今回は「get」を取り上げます。楽曲中にも登場しましたが、「get」の用途はとにかく広く理解できると一気に英語力が向上するでしょう。「get」の和訳を「手に入れる」だけの理解ではもったいないです。

「イエスタデイ・ワンス・モア」の歌詞に登場する「get to」は「到着する」と理解できます。和訳では、「get to the part」を「この部分に差し掛かる」としました。洋画でも頻繁に登場します。「can」同様に「~できる」とも和訳できますし、「(機会を得る」と訳される場合もあります。目的地に到着するという意味でも使われます。英和辞典で例文を調べてみましょう。難しい単語より「get」の用途を知る方が有益と考えます。用途が広いほかの動詞も順次案内してゆきます。